プロフィール

mahoo

  • Author:mahoo
  •  オンラインギャンブル専科として再スタート

     レビューが多くなると思います


    質問、ご意見、ご感想、ご妄想は、右下のメールフォームからお願いします。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ノーブルポーカーイベント詳細2005年11月度
-$100000000jackpot-
<系統:ライブトーナメントにおける特殊ボーナス>


(未確定の部分がありますが、わかる部分だけでも説明していきます)

・来年四月、ラスベガスで行われる"Noble Poker $100000000Mega Tornament"の最終テーブル(ラスト9人)で、10の4of a kind以上のハンドを出せば、特別賞金。最高額はスペードのロイヤルフラッシュを出した時の$100000000となる。

・"Mega Tournament"への予選は来年四月までに、バイイン額500+50のトーナメントという形で八回行われる

・予選の賞品である参加権は、25の参加者ごとにい一つ追加される

・直接本戦に参加したい人のバイイン額は$10000

・ロイヤルとストレートフラッシュはポケットカードが使われていること

・ボーナス額は以下の通り
スペードのロイヤルフラッシュ……100000000
他のロイヤルフラッシュ……1000000
ストレートフラッシュ……750000
AまたはKのフォーオブアカインド……500000
Qまたは10のフォーオブアカインド……250000






-$1000000sit&go Challenge-
<系統:シット&ゴー勝ち抜きボーナス>


・バイイン額10+1の指定Sit&Goトーナメントで七回連続一位になれば1000000のボーナス

・六回連続一位でも75000、五回連続でも25000のボーナス

・二位以内が五回連続でも250のボーナス

・七回連続一位である証拠をサポートに送る。共謀プレイはチェックされる

・同じプレイヤー十人だとダメ

・同じIPアドレス、家からだとダメ

・二つ以上のアカウントで参加しちゃダメ

・攻撃的な言葉を使っちゃダメ

・このボーナスに対する共謀行為をしたプレイヤーはアカウント凍結する

・手心を加えた人もアカウント凍結

・ジャックポットボーナスにまつわる払い戻しはチェックが入る



ノーブルポーカー紹介ページに戻る


ポーカールームイベント詳細 | 【2005-10-22(Sat) 20:14:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
エベレストポーカーイベント詳細 2005年12月度
-European Poker Tour Scandinavian Open-
<系統:ライブトーナメント予選>


・優勝者には2006年1月25日から28日の間、Casino Copenhagenで行われるEuropean Poker Tour Scandinavian Openへの参加パッケージ(4000ドル相当)

・フリーロールを含めるとひ孫予選まで存在。詳細はエベレストポーカーのサイトで




-European Poker Tour French Open-
<系統:ライブトーナメント予選>


・優勝者には2006年2月8日から11日の間にDeauville casinoで行われるEuropean Poker Tuor French Openへの参加パッケージ(4000ドル相当)

・フリーロールを含めるとひ孫予選まで存在。詳細はエベレストポーカーのサイトで




-European Poker Tour Grand Finare-
<系統:ライブトーナメント予選>


・優勝者には2006年3月8日から11日の間にMonte Carlo Bay Hotel and Resortで行われるEuropean Poker Tour Grand Finareへの参加パッケージ(10000ドル相当)

・フリーロールを含めるとひ孫予選まで存在。詳細はエベレストポーカーのサイトで




-WPT Championship-
<系統:ライブトーナメント予選>


・優勝者には2006年4月18日から24日の間に、Bellagio Hotel and Casinoで行われるWorld Poker Tour Championshipへの参加パッケージ(25000ドル相当)

・フリーロールを含めるとひ孫予選まで存在。詳細はエベレストポーカーのサイトで



*全トーナメントに共通

・エベレストポーカーの予選から本戦へ出場する人は、エベレストポーカーのロゴがついたものを身につける
・エベレストポーカーのスポークスマンとしてトーナメント中ふるまう
・本戦参加パッケージは譲渡、換金不可


エベレストポーカー紹介ページへ戻る


ポーカールームイベント詳細 | 【2005-10-22(Sat) 06:14:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
1000レーキドハンドって……
 ちょっと注意報です。


 新進ポーカーネットワークであるアイポーカーネットワーク(プレイテック)に所属する、ダイアモンドクラブポーカー、プレイゲートポーカー、プレステージポーカー(全てオンラインカジノ併設タイプ)をボーナス活用プレイするのは避けた方が賢明かも知れません。

 プレイゲートポーカーで、初回購入30に対する、7.5のボーナスをもらおうと、指定されたレーキドハンド(ボーナス額の10倍)をこなしました。その後二日間たってもふりこまれないので、チャットサポートをつかまえて聞いてみたところ、1000レーキドハンドこなしてくれと言われました。
 わたしは30購入の7.5ボーナスなんだけど…………と切り返したら『ごめん、1000ハンドこなして』の一点張り。
『そんじゃ、1000ハンドこなしたら、100ボーナスもらえるのか?』と聞いたら、またもや『ごめりんこ』と誠意あふれる対応!

 ひょっとしたらプレイゲートカジノの方に残っていたMWRがポーカーの方に反映されていたのかも知れませんが、それにしても不自然。

 メールで『あといくらレーキドハンドこなしたら初回ボーナスもらえます?』と質問した時には『君は××ハンドこなしてるよ。君の初回ボーナス額は××だから、必要な総レーキドハンドは××になるよ』と返事がきていたのて、余計に不可解です。


 とりあえずわたしのブログで紹介する事はなくなりましたね。
 ボーナスプレイを狙っていた方はご注意下さい。

ポーカールームイベント詳細 | 【2005-10-15(Sat) 15:07:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ポーカールーム共通プロモ  アイポーカーネットワーク編
-後発の強さか、独自性たっぷり-



 じわじわと勢力を伸ばしているアイポーカーネットワークのプロモを解説します。


 アイポーカーネットワークは、プレイテックのソフトを採用しています。
 このテキストを書いている05年10月の時点でも、まだまだ新しく、ひるがえってプレイヤー不足が悩みの種といった状態です。


 ただ、後発の強みを生かしてると言うべきか、ネットワーク共通プロモは独自性にあふれ、トーナメント好きの心をくすぐってくれます。


 先ずはありきたりとも言える、バットビートボーナスの条件を書いていきます。


・Jのフォーオブアカインド以上のバッドビートが対象
・ポケットカードが勝ち負け両方のハンドに使われていること
・50%が敗者に 25%が勝者に 残りの25%をカードを配られた人で分配
・$30/$60以上のテーブルでは1000クレジット分配?
・$20/$40のテーブルでは850クレジットを分配
・$10/$20のテーブルでは700を
・$5/$10のテーブルでは600を
・$2/$4のテーブルでは500を
・$1/$2のテーブルでは400を
・$0.5/$1のテーブルでは300を
・もちろんリングゲームのみ



 ジャックポットタイプではない点が、他ソフトとの違いですね。0.5/1や1/2のテーブルで遊んでいる人にとってあまり魅力的じゃないかも知れません。



 次にアイポーカーネットワーク独自プロモの登場です。

 わたしは最初どこにでもあるような高額トーナメントだろうと思っていたんですが、内容をちゃんと確認したら目からウロコでございました。



-maui Jackpot S&G-


・5+0.75"maui Jackpot S&G"10プレイヤーシングルテーブルトーナメントで、五回連続一位になれば15000のボーナス
・五回連続一位である証拠をサポートに送る。共謀プレイはチェックされる
・五回連続二位以内でも200ボーナス
・同じプレイヤー十人だとダメ
・同じIPアドレス、家からだとダメ
・二つ以上のアカウントで参加しちゃダメ
・攻撃的な言葉を使っちゃダメ
・このボーナスに対する共謀行為をしたプレイヤーはアカウント凍結する
・手心を加えた人もアカウント凍結
・ジャックポットボーナスにまつわる払い戻しはチェックが入る





-"Dirty Dozen Jackpot Sit 'N' Go Tournament"-


・2+0.35"Dirty Dozen Jackpot Sit 'N' Go Tournament"12プレイヤーシングルテーブルトーナメントに四回連続一位になれば2000ボーナス
・4回連続一位である証拠をサポートに送る。共謀プレイはチェックされる。
・後は上に同じ





-$25,000 Rio Jackpot Sit 'N' Go-

・$20+$3 "Rio - Jackpot Sit 'N' Go" 6プレーヤーシングルテーブルトーナメントに六回連続一位になれば25000のボーナス
・六回連続一位である証拠をサポートに送る。共謀プレイはチェックされる。
・六回連続二位以内でも300のボーナス
・後は上に同じ


 各種専用のシット&ゴーテーブルが用意されています。

 参加料もそこまで割高ではないので、ジャックポットがあるだけ普通のテーブルより魅力的と言えます。


 ただ、賞金を渡す前のチェックは相当厳しいようなので、一位もしくは二位のポジションについたら、スクリーンショットをとるなどして、きっちり証拠を集めておきましょう。

 賞金を得られるような状況はそうそう無いと思いますが、まったくの夢物語ではありません。

 特にMauiジャックポットはバイイン額に対する賞金額が魅力的ですね、


 わたしもポーカールーム探索が終わったら優先的に遊んでみようと思います。


 最終戦まで連続一位で、最終戦だけ三位だったらトラウマものですけれど。


ポーカールームイベント詳細 | 【2005-10-11(Tue) 12:33:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ポーカールーム共通プロモ  プリマポーカー編
-ひとつはおなじみのバットビート、もう一つがようわからん-



 マイクロゲーミング製のソフトウェアを採用しているネットワークです。

 採用ポーカールームが多い割には共通プロモが少なく、地味だったりします。
 ただ、ポーカールーム個別で行われてるプロモは様々なものが用意されているので、自分のプレイスタイルにあわせて場所を選ぶのが賢明ですね。


 例えば月ごとのレーキバックをしているところが三つありますし、レーキ支払い回数によるランキングが設けられ、上位者に賞金が出るところもあります。
 長期的にリングゲームを遊ばれる方は、一時的なボーナスより魅力的かも知れません。



 共通プロモですが、バットビートボーナスと、マジックハンドの二つがあります。

 他ソフトでもおなじみのバッドビートボーナスが、以下のような条件で発動します。


・500が最低で、毎日50が加算
・Kのフォーオブアカインド以上
・リングゲーム
・ホールカードが勝ちハンド負けハンドに両方使われていること
・2/4以上のリミット 0.5/1以上のNL&PLはジャックポットの100%を獲得
・上記未満の場合は50%
・50%が敗者に 25%が勝者に 残りの25%をカードを配られた人で分配
・コンタクトをとってしめしあわせてはいけない


 もう一つのマジックハンドボーナスなんですが、正直なところ条件がよくわかりません。わかっている範囲で書いてみると……、

・400万ハンドごと
・賞金の総額1250は50%を勝者に、残りを他のプレイヤーで分配
・リングゲームのみ
・3人以上がカードを配られていること



 ポーカールームごとに表記が微妙に異なるので、よくわからないのが実状です。

 プリマポーカーが400万ゲームごとにくれるご祝儀のようなものでしょうか?


 ご存じの方がいらっしゃいましたら、コメントしていただけると大いに助かります。


ポーカールームイベント詳細 | 【2005-10-10(Mon) 11:42:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
前のページ 次のページ
ポーカールームレビュー
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。