プロフィール

mahoo

  • Author:mahoo
  •  オンラインギャンブル専科として再スタート

     レビューが多くなると思います


    質問、ご意見、ご感想、ご妄想は、右下のメールフォームからお願いします。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ドイルズルーム
どいるず


 日本ではほとんど馴染みがないですが、紹介に値する独自性たっぷりのポーカールームです。

 伝説的なポーカープレイヤーとされるドイル・ブロンソン氏の名を冠したこのポーカールームは、ブロンソンを含めて数人のプロが参加していて、特定トーナメントに現れる彼らの首には懸賞金がかかっています。

 初回ボーナスは35%マッチで、400の購入に対し、最大135のボーナスがもらえます。(ネッテラー使用時)

 ボーナスはあとのせ式です。ボーナス額に対応したポイントをためるとふりこまれます。


 ポイント換算率は、100P=1クレジットです。135のボーナスをもらうためには、13500ポイントためなければなりません。

 そんなにポイントをためられるか……とおっしゃる方もいると思いますが、ご安心下さい、ポイントはかなりたまりやすいです。


 ポイントは以下のような条件で増えていくようです
 ・トーナメントの参加料として1¢払う=1P
 ・リングゲームで、1¢のレーキを払う=1P(ただし、自分の割り当て分)
 ・ポットに参加する。または参加しているポットの額が膨らむ



 二つ目までの条件は、サポートからの情報なので間違いないと思いますが、三つ目の条件が意外な伏兵で、レーキ額が上がっていないのにポイントがたまっている場合があります。が、条件がよくわかりません。
 サポートにきいても「ポット額が大きくなればなるほど、ポイントが増えます」みたいな回答しかきません。

 一回のゲームにつき取得できるのは最大300ポイント(3クレジット相当分)なので、トーナメントなら30+3、リングゲームなら5/10を上限にうつ方が合理的ですね。ボーナス情報詳細についてはこちらでどうぞ。

 トーナメント参加料100¢=100P=1クレジットなので、トーナメント派にも向いていますし、0.05/0.10リミットテーブルでも、微妙にポイントが加算されていくので、低リスク派にもオススメです。もちろん高めのテーブルで遊べば、ポイント加算は倍率ドンさらに倍といった状態になりますので、条件クリアはけっこう早いと思います。

 また、初回ボーナスは35%マッチ以外に『super/system2』というポーカー戦略本を選ぶこともできます。これらの選択は、アカウント作成時、ソフトウェア上で行います。
 戦略本を得るためには、10000ポイントをためる必要があります。ちなみにわたしはこちらを選びました。05年10月の時点でまだまだポイントがたまっていないので、内容はわかりませんけれども。


 ソフトはTribecaTable製です。発音が全くもってわからないので、仮にトリさんと呼ぶことにします。

 トリさんは様々なポーカールームで採用されていますが、マイナー系が多いです。
 ソフトの作り自体も、マイクロゲーミング製のプリマポーカーを優等生的と表現するならば、三枚目的な部分があります。機能的には問題ないんですけど、気のぬけるような効果音が所々に……。


 フリーロールは頻繁に行われていますが、ポイントを使って参加するタイプなので、純然たるフリーロールとはいえず、標準的評価としました。これで競争率高かったら評価下げてましたね。


 STTは最高評価です。超低額から用意されていて、参加料が適切、9人用、6人用、2人用テーブルがあり、ターボも用意されていて、人の集まり具合もなかなかです。ポイントがたまりやすいのも嬉しいですね。


 固有イベントはやや大人しめの額ですが、賞金首がいるなど独自性にあふれています。トリさんソフト共通の予選-本戦系イベントはさすがに派手です。詳細はこちらで確認できます。

 ウェブページ、ソフト共に『オッサン』というかドイル・ブロンソン氏本人が全面に押し出されますので、オッサン好きの方にかなりオススメです(?)。


・リミットホールデム……0.02/0.04より
・STT……0.10+0.01より
・最低購入額……25
・最低払戻額……25
・支払い……2~3日程度

(以上のデータは全てネッテラー使用時)


 0.10/0.20あたりでコツコツやる方はもちろん、トーナメント好きにもメリット大。↓のおっさんバナーからご入場を



未分類 | 【2005-10-30(Sun) 07:18:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
エベレストポーカーボーナス詳細(05/10/25更新)
えべれB


 100までの100%ボーナスとなっていますが、実際はボーナスという代物ではなく、コンプのようなものです。


 100の賭け額に対し、1のクレジットがリアルアカウントに編入されます。低額ノンリミットでオールイン連発すれば、比較的ボーナスを回収しやすそうですが、あくまで比較的ですね。

 超高額テーブルで遊ぶ人には恩恵ありそうですけど、そういう世界だと100のボーナスは焼け石に水のような気がします。


 ただただベットについてくるカモが多いので、主菜はカモプレイヤーにして、ボーナスはそえもの程度に考えた方がいいでしょう。

 わたしは0.5/1のリミットや低額ノンリミットで遊んでいます。強い手ができた時にただベットしていれば勝てる印象です。
 釣り堀テイストもそのままに、もう少し、プレイヤー数が増えてくれればいいんですけれども。


エベレストポーカー紹介ページへ戻る



未分類 | 【2005-10-25(Tue) 05:29:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
パシフィックポーカーボーナス詳細(05/10/25更新)
ぱしふB


 珍しいボーナス先のせタイプです。また、ボーナス条件もレーキやポイントとは無関係です。

 ボーナス額の20倍を賭ければ該当ボーナス分を払い戻せるという条件なので、どんな低額テーブルからでもクリアを目指せます。
 気長にやれるのはいいんですが、途中経過はソフトウェア上から確認できないので、サポートにきく必要があります。ソフトウェア上からチャットサポートをつかまえるのが一番ですね。

 賭け額をこなす関係でリングゲームを遊ぶ事になると思います。カモが多いといわれるパシフィックポーカーですが、セオリー無視の逆転劇に遭遇することもしばしばあります。ある程度の逆転負けは受けいれ、ストレートやフラッシュなどを狙った方がいいかも知れません。

 いくらか上手な人もまじっている感じですね。残念ながらリロードボーナスはないようです。あったらあったで扱いにくいでしょうけど。

パシフィックポーカー詳細ページへ戻る



未分類 | 【2005-10-25(Tue) 05:25:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
パラダイスポーカーボーナス詳細(05/10/25更新)
ぱらだB


 目立たない存在になりつつあるパラダイスポーカーも、たまにリロードボーナスをオファーしてくれます。


 ボーナス条件は0.25以上のレーキをとられると1Pたまり、それをボーナス額の十倍ためるというものです。トーナメント参加料もポイントに加算されますが、気休め程度です。

 レーキが0.25以上(ポットが5以上)にならないと、ポイントが加算されないので、0.5/1以上のテーブルで遊ぶことになるとおもいます。

 わたしの遊んだ印象だと、逃げる時と攻める時のメリハリがついたプレイヤーが多いので、中途半端な手でレイズ合戦に参加すると、うちまける可能性が高いので、引き際を考えながらベットした方がいいと思います。

 老舗だけあって熟練プレイヤーが多い印象ですね。


未分類 | 【2005-10-25(Tue) 05:21:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ノーブルポーカー 第5版(06/2/12更新)
-イベントは独自性全開。プレイヤー数がネック-

nobleP



 プレイテックがソフトを提供するアイポーカーネットワークのポーカールームです。

 初回ボーナスは250までの50%マッチです。以前と比べると激減しました。よってボーナスの評価を一つさげました。

 ボーナスはあとのせ方式で、ポイントを一定量集めると自動的にアカウントへ振り込まれます。
 換算率は500P=10クレジットです。

 ポイントは以下の条件で加算されます。
 ・0.25/0.50のテーブルで1ゲームを消化=1P
 ・0.5/1のテーブルで1ゲームを消化=2P
 ・1/2以上のテーブルで1ゲームを消化=4P


 例えば、1/2のテーブルで固定して遊びますと、125ハンド=10クレジットという割合になります。100レーキドハンド=10クレジットというボーナス条件が多いことを考えると、悪い条件ではありません。0.25/0.50のテーブルで遊べば四倍時間がかかりますが、リスクは1/4以下になります。0.25/0.50の方が雑な打ち手が多いからです。


 ソフトはプレイテック製です。独特のサクサク感は健在で、スピード感は相当のものです。フォーカラーデックのオプションがないので低めに評価しました。トーナメント戦では、ブラインド上昇までの時間がテーブル画面上部に表示されるので、親切なところもあるんですけども。


 フリーロールはぼちぼちと行われています。頻度、賞金額、競争率、どれをとってもそこそこという感じです。


 STTは10人がけテーブルがあまり用意されてないのと、参加料が高めなのがちらほら見受けられるのと、用意されているテーブル数が正直少ないので低めに評価しました。プレイヤーの集まり具合はまあまあです。


 イベントは豪華です。高額賞金トーナメントはもちろん、ipokerネットワーク(プレイテック系)のシット&ゴー連続勝ち抜き賞金や、バッドビートボーナスも用意されています。この辺は後で別項にて説明しますね。

 更にノーブルポーカー単体で行ってるシット&ゴー勝ち抜き賞金も存在します。こちらの方が、ipokerネットワーク提供のものより豪華だったりします。その独自性と豪華賞金額を評価して五つ星をつけてみました。詳細はこちらから。



 ボーナスを活用しながらルーズなプレイヤーをカモにしたい人、独自イベントに参加したい人にオススメです。


・リミットホールデム……0.02/0.04から
・STTノンリミットホールデム……1+0.1から
・最低購入額……20
・最低払い戻し額……5
・支払い速度……2日から3日程度
(上記データはネッテラー使用時)

 カモと豪華イベントのハーモニーを味わいたい方はのバナーからよろしくお願いいます

noble250


未分類 | 【2005-10-22(Sat) 20:15:37】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
前のページ 次のページ
ポーカールームレビュー
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。