プロフィール

mahoo

  • Author:mahoo
  •  オンラインギャンブル専科として再スタート

     レビューが多くなると思います


    質問、ご意見、ご感想、ご妄想は、右下のメールフォームからお願いします。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
トーナメント種類
 今回はトーナメントの種類をそれぞれの要素から分けていこうと思います。

<ゲーム開始時間の違い>


 ・スケジュール系(Scheduled)……開始時間が決められている。ポーカールームによって何分前にエントリーを締め切るかが違う。

 ・シット&ゴー系(Sit&Go)……テーブルにプレイヤーがそろい次第ゲーム戦闘開始。ポーカールームの規模が大きくなればなるほど、基本的には対戦相手が見つかりやすい。




<テーブル数>


 ・マルチテーブルトーナメント……その名の通り、複数のテーブルにまたがって行われる。参加人数が多ければ多いほど長期戦に。

 ・シングルテーブルトーナメント……一つのテーブルでゲームが行われるため、マルチテーブルのような席の移動がなく、より相手を観察しやすい(されやすい)。ほとんどがシット&ゴー形式。




<ゲーム形式>


 ・ターボ……ブラインド上昇が早い。スピードトーナメントとも。

 ・ウルトラターボ……ブラインド上昇が鬼のように早い。

 ・光速ターボ……光の速さでブラインド額が上がっていく。宇宙人向けルール(ウソ)。

 ・リバイ(Re-buy)……再びバイイン額を払うことによって、ゾンビのように復活できる。リバイが許されないトーナメントをフリーズアウト(Freez out)という。

 ・ギャランティード(Guaranteed)……プレイヤー数にかかわらず、賞金総額が保証されている。例えば、バイイン額5+1の1500ギャランティードトーナメントは、参加プレイヤーが300人未満だと、ポーカールーム側の持ち出しになるので、プレイヤーが有利になります。
 プレイヤー数が多いメジャーポーカールームだと、なかなか持ち出しになるのが少ない。マイナー系ポーカールームや新進ポーカールームではプレイヤー数の少なさから、持ち出しが起こりやすい。マイナー系ポーカールーム発掘の楽しみはここにあります。




<トーナメント賞品による違い>


 ・サテライト(Satelite)……ライブトーナメント(ランドベースドトーナメント)への出場権が賞品

 ・クオリファイアー(Qualifier)……サテライトへの出場権が賞品。バイイン額が往々にして安い



 特に記述がない場合、バイイン額10+1の左部分(賞金部分)×参加プレイヤー数が賞金総額となります。
スポンサーサイト


テキサスホールデムについて | 【2005-10-29(Sat) 16:16:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ポーカールームレビュー
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。