プロフィール

mahoo

  • Author:mahoo
  •  オンラインギャンブル専科として再スタート

     レビューが多くなると思います


    質問、ご意見、ご感想、ご妄想は、右下のメールフォームからお願いします。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ゲームの流れ(チャート図つき)
 テキサスホールデムは、自分専用に配られた二枚のカード(ホールカード)と、テーブル上に公開される五枚のカード(コミュニティカード)を組み合わせてより強いハンドを作るゲームです。

 大まかな流れを図で説明すると、のようになります。(サムネイルをクリックして下さい)

チャート


 ってな感じです。みんなが降りる(FOLD)と話がすすまないので、ディーラーボタン(Dのマーク)の左側と、もう一つ左側のプレーヤーが強制的にチップをむしりとられます。
 たくさんむしられる方を、ビッグブラインド(BB)、ちょっとむしられる役をスモールブラインド(SB)といいます。


 上記図中のアクション(行動)について書いていきますと……、

 ・BET(ベット)……その名の通りベットすること
 ・RAISE(レイズ)……チップを増してベットすること
 ・CALL(コール)……相手のベットを等量のチップで受けること
 ・FOLD(フォールド)……勝負をあきらめて降りること
 ・CHECK(チェック)……誰もベットしていない段階で自分に順番が回ってきた時、ベットせずに次の人へ順番を回すこと



 レイズに対しレイズで返すことをリレイズといい、これが延々繰り返される様子をレイズ合戦といい、源平合戦絵巻にも描かれているとかいないとか。

 いずれにせよ、各段階でのベットには、心理戦が入りこむ余地があり、これがホールデムをより奥の深いものに仕立て上げています。強いカードを引き寄せる運も必要ですが、相手のカードを予測し、ブラフ(ハッタリ)を見破る(もしくはブラフを仕掛ける)観察力も必要です。

 対人ゲーム特有の駆け引きが好きな方はハマる可能性大ですね。
スポンサーサイト


テキサスホールデムについて | 【2005-09-29(Thu) 23:48:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ポーカールームレビュー
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。