プロフィール

mahoo

  • Author:mahoo
  •  オンラインギャンブル専科として再スタート

     レビューが多くなると思います


    質問、ご意見、ご感想、ご妄想は、右下のメールフォームからお願いします。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
むしろ誇りたいだろ
 三日前からのカジノ成績。

 1勝16敗。おまけボーナスの戦績も含めると1勝20敗。いくらスロットやVPで遊んでいるとはいえ、あまりに見事な成績なのでディスプレイに憤怒と悔恨のドリル頭突きかましたくなりました。

 雲の上では、壮絶なたたかいが繰り広げられておりますが、わたしは地下で生き埋めになっておりやす。

 それにしても立派すぎる。なまなかのアンラッキーじゃございませんことよ。小銭プレイに終始しているため、総負け額は大したことないんですが、ここまでの勝率は未経験。まぁバンカーベット六連敗をさっくりこなす人間なので、このくらいの負け波がきてもおかしくないんですけれども。

 ちなみに16敗のうち9敗は新ゲームです。


 まったりポーカーが我を呼んでいる……(と思う)。

スポンサーサイト
オンラインカジノ日記 | 【2006-01-31(Tue) 23:26:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
なぜか出てる
 なぜかベガスジョーカーとグランドホテルで新ゲームがリリースされてました。(しかもゲームリストの方には載っていない)

vegasj

 と、いうわけで噂のハーベイズ(発音わからん)をぐるぐると。

hearveys

 かなりクセのあるスロットで、スキャッターが左から連続しないと機能しないとか(それでもスキャッターかよ!)、フリースピンの配当倍率が1スピンごとにランダムで決まるとか、ディスプレイから髪の長い女がずるりと出てきたりします。


 フリースピンを二回ひいてみたものの、爆発することなくジリ貧で終わりました。総じて凝った造りなんですけど、ワイルドの料理人(?)が正直うっとうしいです。よく観察すると微妙にアクションが違います。後で詳しいレビューしますね。



 性懲りもなく10人テーブル5+0.5シット&ゴー。フラッシュを一回かました以外にチャンスがなく、タイトウィークを印象づけながら潜行。残り四名となったところで、ようやっとKKが入る。チップリーダーが3BBほどのレイズをかけてきたので、相手の手をAxと読み、オールインリレイズ。QQ以下のペアハンドだとしても圧倒的優位。気が楽。相手やや迷ってコール。相手A6s。勝率70%オーバー。

 はい、この後の展開みなさまご存じですね。言わずもがなというか書かずもがなですね。ええ、立派に散りましたとも


 このゲームもチップ比率が、1:3:3:7ぐらいで、自分が3でした。最下位がとぶのを待とうかとも思ったんですけど、二位以上を狙って70%以上に賭けたところ見事に討ち死に。当然のごとくかんしゃくをおこし、頭骨をポカポカやりました。入力機器はどうにか無事でした。本当に呪いかかってるかも。

オンラインカジノ日記 | 【2006-01-29(Sun) 16:11:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
リンク準備
 そろそろ呪いが解けたかなと思い、バージョンアップしたボードッグポーカーで5+0.5、10人テーブルシット&ゴーをば。

 残り四名になったところで、6:4:4:1のチップ比率。我は4。


 もう一人の4が、3BBほどのレイズをかけてきた。わたしはKTsでコール。わたしはタイトウィークにうっていて、相手のスチールを三度ほど許していたので、ブラフレイズと判断。

 フロップ、レインボーの3.4.T。わたし、トップペアだがチェック、案の定、相手が4BBほどのベット。QQ以上のポケットペアを持っている確率<<<<<<<ブラフの確率と判断。ベットサイズからツーペアの可能性を消去する。そうなると、ストレートドローか3.4もしくはTのペア。場合によってはAやK待ちのブラフベットかと。今の時点で自分の優位はゆるがないと、オールインレイズ。相手迷った挙げ句。オールインコール。


 相手{45o}
 我の読み的中。勝率77.9%。

 めっちゃ有利!!! ……のはずが。


 リバーに5が出てハイ終了!


 何も、100のクレジットを10000にする爆運が欲しいわけじゃないんですよ。確率通りに勝ち、確率通りに負けるだけの運でいいんです。

 四位……、チップの比率から、耐久戦で三位は狙える位置でした。けど、7割以上の確率で一位を狙えるポジションにいけるのなら、わたしはオールインします。



 Canbetで行っていた%ベット、240→120になった時点でベットスタイルを変え、また負けて→60。最後の一撃3チームパーレーにも見事失敗し、さっくり全滅しました。

 1.9xのオッズは、適当に賭けていても五割近辺の勝率になりそうなもんですが、ひどい負けっぷりでした。

 最後のパーレーなんか、-6.5のフェイバリットが負け、-11のフェイバリットが負け、-12のフェイバリットがかろうじて一点差の辛勝という有様で、正直うんざりでした。もちろん、フェイバリットのマネーライン一つと、スプレッド二つに賭けてましたとも!
 次のスポーツブックでは、お気に入りチームであるピストンズのみで回していこうかなと。と、いうか次の100デポあえなく死亡sたら、趣味的ベットに戻ります。


 以前のブログで書いたパーティータイムは、-45という結果でした。結局777以上の役は出ませんでした。大敗してない分まだマシです。


 プリマポーカー関係でちょいと調べもの。なかなか有意義でした。ただ、検証するためには、けっこうな時間がかかるのも事実。またリミットリングの世界に戻る事になりそうです。


 リンク周りをいじります。恐らくリンク集の形になるかなと。リンク先の紹介文は、辛辣と言わないまでも、直言いたしますので「この批評家気取りが!」と気分を害されるかも知れない方には、今のうちからあやまっておきます。ごめりんこ


 一応、以下のようなスタイルになるかなと、

 ・オンライン博徒日記アゲイン
<カテゴリ:プレイ日記、ポーカー、アフィリエイト、スポーツブック、ゲームレビュー、妄言>

 歴史こそ長いが、やりかけのままの記事が多く、たまに妄言が入るので統一性がない。またプレイ日記はグチっぽく、参考になる部分は少ない。
 ゲームレビュー、ポーカールームレビューはやや評価できるが、更新にムラがあるのが難点。

オンラインカジノ日記 | 【2006-01-25(Wed) 23:15:39】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
PokerRoom.comプロモーション情報
-Sit and Go Centurion Cup-
<系統:シット&ゴーによるポイント集め>


 ・Centurion Cup専用のSit&Goテーブルで入賞し、ポイントを稼ぐ。

 ・ポイント取得上位三名に、ボーナスの半分が分配される。このボーナスは、集まったトーナメント参加料に応じて増えていく。

 ・残りのボーナスは、ポイント取得上位10名による、勝者総取りトーナメントの勝者に与えられる。

 ・ちなみに、専用シット&ゴーは、5+0.75、10+1.5、20+3と、参加料が割高だったりします。





-Shark Cage-
<系統:限定トーナメント>


 ・初回ボーナスを受領した人に、初心者用トーナメント"$2 Shark Cage"のチケット




-Grand TournamentⅣ-
<系統:トーナメント予選>


 ・2月11~12日に行われるバイイン額1000+0の"Grand TournamentⅣ"の各種予選、孫予選が用意されている。




-WPT-
<系統:ライブトーナメント予選>


・4月18日~24日、ベラージオで行われるWPT(ワールドポーカーツアー)の予選各種が用意されている。

ポーカープロモーション情報 | 【2006-01-19(Thu) 23:35:16】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
大決戦へのウソオッズ提示
 わたしなりに怪獣大決戦への参加をする事にいたします。

 と、いうわけでウソブロークスからのオッズ提示です。


 ・おるつ軍が勝つ…………1.5倍
 ・cc軍が勝つ…………2.3倍
 ・突如乱入してきた武田騎馬軍団が勝つ…………9.8倍
 ・おるつ氏が静かな怒りに目覚め、スーパーおるつ氏3になる…………12.4倍
 ・cc氏が巨大ホールを借り切り、オンラインカジノプレイヤーを集めるだけ集め、黄色いシャツを着させてサライを歌わせ、両軍団の戦意をそぎ、勝負がお流れになる…………25倍
 ・cc氏とおるつ氏が一緒に神社の階段から転げ落ち、二人の人格が入れ替わり、勝負どころではなくなる…………31倍


 個人的には24時間風のものが壮観かなと。




 学習のためのリミットリング終わりました。0.5/1で、350rakedHをこなし、スタート地点-1でした。ボーナスのおかげで収支はプラスです。
 時間節約のため二面打ちをしていたのですが、不慣れなせいでミスが三つほどありました。また、弱腰のあまりブラフベットができず、とれなかったポットが最低二つはあったので、実際は+5ぐらいだったかなと。(負け惜しみ)

 二面うちはほどよく忙しくて楽しかったです。二面うちの場合、一時間で50rakedHこなせていたので、ボーナス率が100レーキドハンド=10クレジットタイプだった場合、ボーナス時給はという事になります。うーん、渋いなぁ。後は実力でどれだけ上乗せできるかが鍵になりますね。苦手克服なるでしょうか?

オンラインカジノ日記 | 【2006-01-18(Wed) 21:53:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ポーカールーム.com(06/1/15)
-微妙なボーナスはトーナメント向け-
prcom

 数多くのプレイヤーを抱えるポーカールームです。
 メジャーな割にはクセがある所で、ボーナス、ソフト共にトーナメント向けだったりします。


 ボーナスは20%マッチです。500の購入で最大100までもらえます。ボーナスコードは不要です。全額あとのせタイプなので、条件にあったポイントを稼ぐまでは1クレジットも入ってきません。

 ポイント換算率は7P=1です。
 リングゲームだと0.10rakeにつき0.07P、トーナメントだと参加料(Fee)1につき5Pもらえます。

 リングの場合、0.25rakeだと40rakedH=1クレジット、0.50rakeでも20rakedH=1クレジット、1rakeでようやく10rakedH=1クレジットとなるので、2/4以上のテーブルで遊ばないと、リングゲームでのおポイント稼ぎは厳しいでしょう。

 それに比べると、トーナメントフィーでのポイント取得率はなかなかです。ボーナスをもらえば、参加費の7割が削れる計算になります。
 短期的はゲームでの勝ち負けに左右されますが、長期的に遊ぶ場合ジワジワと差が出てくると思います。

 ボーナス条件は60日以内にクリアする必要があります。ちなみにリロードボーナスもあります。


 ソフトはマック対応のノーダウンロードバージョンの他、ダウンロードバージョンもあります。わたしはダウンロード版で遊びましたが、カチッとした動きと、マーク多用(文字表記が少ない)が印象深いです。

 このソフトのウリは、以降のベットがない状況になり、プレイヤーのポケットカードがオープンされると、勝率が表示される点にあります。
(サンプルです、サムネイル↓をクリックして下さい)
prsample

 特にノンリミットのトーナメントでは、自分が有利なオールインを仕掛けたか(もしくは受けたか)が一目瞭然なので、判断力を養う糧になります。先ずは自分が不利なオールインを受けていないかどうかをチェックですね。


 フリーロールはぽつぽつと行われていますが、競争率が高いのでそこまでおいしくないです。


 STTは5+0.5以上のテーブルしかありませんが、参加料は適正で、10人テーブルのほか5人テーブルもあり、ターボも用意されています。
 プレイヤー数が多いので、どの時間帯でも遊べるのも魅力的です。

 ソフトの勝率表示やボーナスと相まって、かなりの遊びやすさを演出しています。5+0.5未満のテーブルがあったら満点でした。



 大手だけあってイベントは豊富です。後でかいつまんだイベント情報をニュース形式でお届けしようと思います。

 ・リミットリング……0.25/0.50から
 ・シット&ゴー……5+0.5から
 ・最小購入額……10
 ・最小払い戻し……5
 ・支払い……1~2日

(上記データは全てネッテラー使用時)

 シット&ゴーの登竜門は↓こちらにござい
PokerRoom.com


未分類 | 【2006-01-15(Sun) 21:56:32】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
う~ん、さぼり気味
 忙しいのとアクシデントがあって、あまりオンライン博打ができてません。


 カジノは思い出したようにやるぐらいで、ポーカーは勉強プレイを二日に一時間ほど。スポーツブックも慎重を期すべく、おいしいオッズがない日はザ・我慢なので、これまた二日に一ベットほど。


 スポーツブックの結果をチームごとに調べてみたら、まー部リックス、サンズ関連のベットがほぼ全滅してる事実を発見する。鬼門とはこのことか。
 ノッポダンケにも、カナダぺろりんにも恨みはないが、お二人の活躍に一喜一憂することはこれ以降ないと思われる。


 シット&ゴー派におすすめのポーカールームを紹介したいと思いつつ、一月度のイベント情報を更新しなきゃと思いつつ、これまでのアフィ登録が三名という事実にしょんぼりしつつ、予知夢(?)をみてマイクロゲーミングのパーティータイムスロットを回す自分。

 こんな事じゃいけないと、ポーカー登録者へのプロモーション(別名:どうせ使わないんだったら押しつけちまえ!)を行おうとする自分。

 脳汁があふれいづるままに、ウソゲームレビューを書こうとする自分。デュース&金八パワーポーカーとか。

 50ハンドVP二種、シングルラインスロット、ボーナス機能つきビデオスロット全てに負けていきどおる自分。

 どの自分が本物かってえと、全て本物。


 イベント情報を個別にまとめずに、ニュース形式で流そうか考え中。それだとネタがない時の更新を稼げるかなと。


 まずはパーティータイムを回してきます。少しは勝てればいいなぁ。

オンラインカジノ日記 | 【2006-01-15(Sun) 00:10:13】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
強気にいきたい
 スポーツブック不調です。
 1.9-2.0ぐらいのオッズをさっくり五連敗。マーチンしかけてたら泣いてましたね。

 一昨日のベットは賭けているチームのスタメン2人が故障で欠場と、情報収集の大切さをあらためて痛感させられました。
 やけっぱちの全額ベットなどせずに淡々と賭けていこうと思います。


 ポーカーはストラテジーを考えるため、こちらも淡々と0.5/1のリミットリングでまくったりまくられたりを繰り返しています。いまのところ+15ほど。

 ただ、タイトアグレッシブとはほど遠い弱気プレイが目立ちます。特に、リバーが出たあと「この様子だとセカンドペア以下だな」と予測はついていても、レイズをかけられません。

 参加者がフロップ、ターンでのベットを控え、ポットが膨らんでいない状況では、自然リバーでの動きも穏やかになります。

 自分のタイトな打ち回しを見せており、ポットが少額で、リバーの参加人数が少なく、相手がセカンドペア以下だと予想される場合のレイズやチェックレイズは効果的なように思われます。

 少額ポットのためレイズにコールするのは割に合わない…………と思わせれば勝ちかなと。

 自分のレイズに対して信用性がなかったり、相手がコール大好きプレイヤーだったら無意味な仕掛けですけれども。

オンラインカジノ日記 | 【2006-01-09(Mon) 19:36:52】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
トリプル不調
 カジノ、ポーカー、スポーツブック全て不調です。

 特にポーカーは相変わらずオールインでの勝率が悪いです。三位から入賞というところでテーブルは四名、一名は断トツのチップリーダーで、残り二名は2~3BBほど。
 かくいう自分も7BBほどで、放っておけば入賞の確率は高かったんですけど、チップリーダーの4BBレイズをポケットペアではなくAxと読み、AQoにてオールインリレイズ。相手は迷った挙げ句コール。
 で、オープン。

 我:AQo
 相手:AJo

 勝率:70%…………のはずが、さっくりJが落ちて死亡。


 この「いい加減にしとけよ!」的な展開に久々癇癪が爆発。テーブルを叩き、自分の頭骨をポカポカやり、シャツをびりびりに破る寸前になってようやく落ち着く。
 どうやら先月の15日以降続いている「プログラムにバカにされている感じ」はまだまだ健在のようです。

 いくら手を読みブラフベットでチップをかすめとっても、勝てるはずのオールインで負けてしまうと厳しいです。
 TribecaTable、ソフト自体の作りは好きなんですけど、苦手意識が芽生えつつあります。当分違うソフトで遊びます。


 スポーツブック特別予算は貧乏人らしく500となりました。今までのスポーツブック総収益が1000ぐらいなので、その半分ぐらい投入してもいいかなと。このうち200をCanbetにい投入。NBAのスプレッド賭けが-107と、一般的に-110に比べるとけっこうおいしいです。

 最初はピナクルスポーツにしようと思ってたんですが、出金手数料とボーナスを考え、Canbetに。
 ここはカジノとポーカーも併設してますけど、両方ともボスメディアです。


 今までのベッティングデータをまとめたところ、
 ・1.9倍のスプレッド賭けが16勝14敗
 ・2.2倍以上のアンダードッグマネーラインが7勝9敗
 ・1.65以下のフェイバリットマネーラインが7勝1敗

 ってな感じで、フェイバリットマネーライン中心に遊んだ方がいいみたいです。

 Canbetには、200の購入額に40のボーナスがつき、総クレジットが240となってます。これを30%ベット法で転がそうかなと。スプレッド賭けをする場合は20%あたりか?
 カジノでいうMWRは(D+B)×3なので、それをクリアしたらベットを終了し、クレジットを引き上げようと思います。どうなることやら。

オンラインカジノ日記 | 【2006-01-07(Sat) 00:09:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
抱負?
 一年の計は元旦にあり……ということでジャックポットを狙いにメジャーミリオンズをぐるんぐるんと回す…………って道理はないです。


 正月はカジノをやらず、5+0.5シット&ゴー一回と、スポーツブックをやってました。

 ポーカーはものすごくタイトなテーブルに着いてしまい、1:15やって6位という気分の悪い結果でした。オールイン大好きのわたしにとっては苦手なタイプです。遊ぶ時間帯がまずかったかも知れません。

 スポーツブックは年明けの二日をあわせて+26と好調。スプレッド賭けに対する考え方を変えてから。勝率が良くなりました。
 今までは対戦チーム同士の相性やメンバー構成をふまえて予想してたんですけど、それに加えて『そのチームの試合に接戦が多いかどうか』を考慮するように。
 このままNBAスポーツブック道に精進したいです。


 今年はカジノをほどほどにして、ポーカーやスポーツブックでがんばりたいですね。特別予算の編成をいま急いでいますけど、弱腰らしい金額になりそうです。来年もあたたかな部屋でモチぐらい食べたいですしw

オンラインカジノ日記 | 【2006-01-02(Mon) 23:46:32】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
ポーカールームレビュー
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。